「ずっと街を見守ってやるニャン」トルコの名物猫、亡くなった後も同じポーズで佇む


トルコ・イスタンブールで人々に愛されていた野良猫のトンビリが亡くなって約2カ月が経った10月4日、彼女がいつも座っていた場所に、ボランティアの人々によって設置された銅像がお披露目された。歩道の段差に肘をかけてくつろぐお馴染みのポーズはそのままに、彼女は今でも街の人々を"ちょっと上から目線で"見守っている。

トンビリは、特定の飼い主ではなく、その地域に住む人々が共同で飼育と管理をしている「地域猫」として愛されていた。それだけでなく、そのふてぶてしく見える態度がアップロードされると、瞬く間にネット上で話題となり、多くの「ネタ画像」が作られるなどその人気が世界中に広がった。 彼女の死を知り、悲しみ、銅像設置に動いたのは、イスタンブール地域猫と人との共生に取り組んできた「アナトリア猫プロジェクト」のメンバーたち。ネットで1万7000人を超える署名を集めて、トルコのカドゥキョイ市に請願、制作はボランティアの彫刻家が手がけて銅像の設置が実現した。 ハフポスト日本版の取材に対して、プロジェクト発起人のバトゥ・アクソイさんは以下のように狙いを語っている。 設置の狙いは

トンビリの存在はもはや伝説的です。すでに世界で有名な猫になりましたから。数え切れないぐらいの「ネタ画像」が彼女の写真から生み出されネット上にアップされました。自信ありげで、カリスマ性のある彼女のポーズに惹かれたんですね。彼女はとっても特別な猫だということを皆が知っています。多くの人が足を止めて見てくれることを期待しています。

なぜそんなに情熱を燃やすことができたのですか。

自由に生きた彼女の死を知った人は、直接知っている知らないに関わらず、皆悲しみました。おそらく世界中にそのような、地域で愛された猫がいるでしょう。しかし、すぐに思い出は消えてしまう。私は彼女の思い出がフェードアウトしてしまうのを止めたかったんです。本当に多くの人が賛同してくれて署名が集まり、行政もサポートしてくれることになりました。

広告を非表示にする