沖縄那覇で全長200mの綱引き大会 世界最大級、1万8千人参加[10/09]


全長200メートル、重さ43トンに及ぶ世界最大級の大綱を引き合う伝統行事「那覇大綱挽」が9日、 那覇市中心部の国道58号であり、引き手や見物客ら約27万5千人(主催者発表)の人出でにぎわった。 会場となった久茂地交差点の中央で、長さ100メートルの大綱2本が連結され、東西両チームによる戦いがスタート。 爆竹が鳴り響く中「ハーイヤ」の掛け声に合わせ、約1万8千人が綱を引いた。 保存会によると、那覇大綱挽は琉球王国時代に始まったとされる。 1935年に中断したが、那覇市政50周年の71年に復活した。 写真:世界最大級の大綱を引く「那覇大綱挽」の参加者 http://giwiz-nor.c.yimg.jp/im_siggzm4BUW5edMkdfOdZ2uHM_A---exp3h/r/iwiz-nor/ch/images/157796272128540676/origin_1.jpg 以下ソース:共同通信 2016/10/9 19:26 10/9 19:27updated http://this.kiji.is/157792492920897544?c=39546741839462401

広告を非表示にする