読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツシリア難民の男(22)の住宅で強力な爆発物発見、警察が行方追う[10/09]


シリア難民の住宅で強力な爆発物発見、警察が行方追う ドイツ 【10月9日 AFP】ドイツ警察は8日、国内情報機関の情報に基づいて東部ザクセン(Saxony)州ケムニッツ(Chemnitz)の集合住宅を捜索したところ数百グラムの強力な爆発物を発見した。 警察はこの集合住宅に住んでいたシリア人の男が爆弾を使った攻撃を計画していたとして、大規模な捜索を実施してその行方を追っている。 警察は住民に自宅にとどまるよう呼び掛けている。 警察によると男は1994年1月にシリアで生まれたジャベル・アルバクル(Jaber Albakr)容疑者(22)。 国内情報機関の報道官は、同容疑者は昨年難民としてドイツに入国し、当局の監視対象になっていたと述べた。 捜査官らが7日に警告を発し、8日に捜索が行われた。 ソーシャルメディアに投稿された写真には黒いバラクラバ(目だし帽)とヘルメットを着用した武装警察官がアパートの建物を捜索する様子が写っていた。 近隣住民約100人が避難し、警察官らがアパートに突入する際に大きな爆発音が聞こえた。 (引用ここまで 以下引用元参照) ▽引用元:AFPBBNews 2016年10月09日 09:21 発信地:ケムニッツ/ドイツ http://www.afpbb.com/articles/-/3103751

広告を非表示にする