読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会原付バイクの需要が激減 このまま消えてしまうのか★5


“原チャリ”の愛称で親しまれ、1970年~1980年代には年間200万台も売れていた排気量50ccの原付バイク(原動機付自転車)。 当時、ホンダ、ヤマハ発動機の2大メーカーが激しく販売競争を繰り広げた様は「HY戦争」とも呼ばれたが、 その市場はいまや37万台にまで落ち込み、風前の灯火となっている。  そんな中、ヤマハ発動機は主力の『ジョグ』『ビーノ』の生産をやめ、最大のライバルだったホンダに生産を委託するという驚きの決断を下した。  10月5日に記者会見した渡部克明・ヤマハ発動機取締役常務執行役員(MC事業本部長)は、 〈このままでは事業継続が難しかった〉と、苦しい経営事情を明かした。 (記事引用ここまで) ※記事の全文・詳細は、下記ソース元にてご確認ください http://www.news-postseven.com/archives/20161007_455034.html 前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1475905267/ ★1の立った時間:2016/10/07(金) 14:08:05.89

広告を非表示にする