読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国際タイ国王の健康状態「全般的に不安定」 王宮が声明発表 


タイ国王の健康状態「全般的に不安定」 王宮が声明発表 2016年10月10日01時39分 http://www.asahi.com/articles/ASJBB0CL2JB9UHBI022.html  タイ王宮は9日夜、バンコクで入院中のプミポン国王(88)の健康状態に関する医師団の声明を発表した。「全般的に状態が不安定」としている。  タイ王室庁によると、国王はここのところ、呼吸器の炎症や血液の感染などが確認され、医師団の治療のもと、悪化と改善を繰り返している。  また、腎臓機能の低下のため尿が少ない状態が続いている。  この日の声明では、血液透析のための措置をしていたところ血圧が下がり、投薬のほか人工呼吸器をつけたという。その後、心拍数と血圧は改善したとしている。  ただ全般的な状態はなお不安定なため、医師団は注意深く経過を観察するとしている。  国王としての執務は控えた方がよいとの見解も記している。  国王は近年、入退院を繰り返し、たんのう切除手術や過剰な脳髄液の除去などの措置を受けてきた。  昨年5月末から入院が続いている。(バンコク=大野良祐)

広告を非表示にする