社会日本の空を守る防衛装備庁の無人機編隊「ウィングマン」構想。2030 年代に実現か★2


http://img01.militaryblog.jp/usr/n/e/w/news/Japanese-ATLAhsees-Robotic-Wingmen-fleet-plan_001.jpg 日本の防衛省が、航空自衛隊の有人戦闘機を支援する目的として、新たに将来の無人機 (drone) 構想を掲げているという。 航空専門誌のアヴィエーション・ウィークが報じている。 一報は防衛装備庁が提示した技術ロードマップを基にしたもので、無人機で構成される「ウィングマン (wingmen) 」と呼ばれる飛行隊が、 斥候として差し向けられるようセンサー類を搭載するだけでなく、敵機のミサイル攻撃を誘い出し、最終的には有人戦闘機に搭乗する パイロットの命に従って攻撃を仕掛けるウェポンシステムにもなるとのこと。2030 年代での運用開始が示されている。 なお、斥候の際に無人ロボットであるウィングマンが、自律化したシステムによって意思決定をするものかどうかは現時点で明らかではないようだ。 http://news.militaryblog.jp/web/Japanese-ATLA-sees/Robotic-Wingmen-fleet-plan.html ★1の立った時間:2016/10/08(土) 22:40:12.05 id:CAP_USER9 前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1475934012/

広告を非表示にする